歯科インプラントとは

インプラントとは、体内に埋め込んで利用する器具類のことを言います。
歯科クリニックで使用されている歯のインプラントが、一番私たちの身近なインプラントではないでしょうか。
とは言っても、歯科インプラントを実際に利用する人、したことのある人は、まだそれほど多くはありません。
それは、インプラントが比較的大掛かりな手術を要するものであり、費用も高額となっているからです。

インプラントは1980年代になってから本格的に始まった医療技術で、歴史的にはまだ浅いものです。
臨床データもその間数十年のものになりますし、日本でも優れた技術を持っている医師に依頼しようとなると、クリニックを選ぶ必要もあります。
もちろん、成功すれば、入歯などよりも生活や食事を快適に楽しめることも多くなります。
インプラントの構造は、歯茎の奥にある顎の骨に埋め込む部分(インプラント体)とその上に被せる義歯で出来ています。
インプラント体と義歯は、基本的にはスクリューのような形をした部品で結合されています。
インプラント体を埋め込んだ後で、義歯を被せます。
最初からこれらが合体しているものもあります。

インプラントを埋め込んだあとは、年に数回のメンテナンスとフィットしているかのチェックを行います。
短い歴史ながらも、インプラントを入れた人たちの多くは、これまで良い噛みごたえや快適な生活を手に入れているということですので、良い医師に出会って、良い技術を得ることで安全な施術が可能なものであると言えそうです。


▽特別推薦サイト
東京でインプラント治療を検討している方はこちらのインプラントクリニックのサイトが参考になります ... インプラントクリニック 東京

Copyright © 2014 インプラントの注意点を知って安全に施術 All Rights Reserved.